2014年08月04日

2014年7月末の損益

1日過ぎてしまいましたが、7月末の損益です。
7月は地政学的リスクなどもありましたが、新興国
株式市場は堅調でした。特にインドネシアは新大統
領も選出され期待されます。
為替も小幅に円安が進みました。

<2014.8.1>
中国株A口座→1284ポイント(+9.1%)
中国株B口座→1265ポイント(+9.8%)
中国株合計 →2549ポイント(+9.4%)

ベトナム株 →1643ポイント(+1.7%)

インドネシア株A口座→533ポイント(+8.3%)
インドネシア株B口座→572ポイント(+11.3%)
インドネシア株合計 →1105ポイント(+9.8%)

ハンセン指数→24532ポイント(+5.6%)
中国H株指数→10982ポイント(+6.5%)
VN指数  →  593ポイント(+2.6%)
ジャカルタ総合 → 5088ポイント(+5.0%)
香港ドル  →13.25円(+1.3%)
ベトナムドン→ 4.60円(+1.8%)
100インドネシアルピア→0.874円(+1.6%)

今月は中国株、インドネシア株が上昇し、ベトナム
株も小幅上昇しました。
特に中国株は上昇したという印象はなかったのです
が、そこそこの上昇です。
8月は夏休みで薄商いになる傾向があります。
荒れる可能性もありますので良く見ておきたいと
思います。
posted by hma at 20:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 月末の損益 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

週報(2014.7.28〜2014.8.1)

先週はポルトガルの銀行の破たん懸念、アルゼンチン国債の
デフォルト懸念、ロシア制裁の強化などから欧米の株式市場
は下落しました。注目の雇用統計は市場予想は下回るものの
堅実な数字でした。
日本市場は円安に支えられ堅調でした。
米国市場は週間で467ドル安の16493ドルと続落しました。
日本市場は週間で66円高の15523円と続伸しました。
中国市場はハンセン指数で24532ポイント、H株指数は
10982ポイントとまちまちでした。
タイ市場はSET指数で1500ポイントと反落しました。
ベトナム市場はVN指数で593ポイントと反落しました。
インドネシア市場は休場でした。
為替は円安に振れ、ドル円は102.5円、ユーロ円は137.7円
となりました。
原油先物は97.6ドルと続落、金も1295ドルと続落でした。

足先週の持ち株の状況
中国株・・・金風科技が下落でした。
タイ株・・・ほぼ変わらずした。
ベトナム株・・・DPMが下落しました。
インドネシア株・・・休場でした。

足先週の活動
中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・インベスコ・オフィス・ジェイリート、みずほ銀行、
ヤフー、アキュセラ、ワコムを売買。
その他・・・特になし。

ひらめき今週の活動予定
先週の雇用統計も無事通過し、今週はイベントがありません。
企業決算、ロシアやパレスチナの地政学的リスク、アルゼンチン、
ポルトガルの問題に注目が集まります。
日本ではSQがあり、夏休みで取引も減少していることから、
荒れる可能性もあります。また、米国株式市場がピークアウト
した可能性もあります。
今週も引き続き日本株の逆張りの短期売買に徹したいと思います。

中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・逆張りの短期売買。
その他・・・特になし。
posted by hma at 13:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

週報(2014.7.21〜2014.7.25)

この先週は特段の経済指標の発表がない中、地政学的リスク
が警戒され軟調な展開でした。日米とも全般的には良好な決
算発表ですが、高値警戒感もあります。
米国市場は週間で140ドル安の16960ドルと反落しました。
日本市場は週間で242円高の15457円と反発しました。
中国市場はハンセン指数で24216ポイント、H株指数は
10993ポイントと上昇しました。
タイ市場はSET指数で1543ポイントと続伸しました。
ベトナム市場はVN指数で600ポイントと続伸しました。
インドネシア市場はジャカルタ総合指数で5088ポイント
と変わらずでした。
為替はドル円は101.8円、ユーロ円は136.7円とまちまちでした。
原油先物は102.0ドルと小幅続落、金も1303ドルと
小幅続落でした。

足先週の持ち株の状況
中国株・・・ほぼ変わらずでした。
タイ株・・・APが上昇しました。
ベトナム株・・・ほぼ変わらずでした。
インドネシア株・・・ほぼ変わらずでした。

足先週の活動
中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・インベスコ・オフィス・ジェイリート、みずほ銀行、
ヤフー、アキュセラを売買。
その他・・・特になし。

ひらめき今週の活動予定
今週は注目の経済指標が目白押しです。FOMC、米4−6月GDP、
そして米雇用統計です。これらの結果で為替、株式市場は
どちらにも動く可能性があります。
また、引き続きパレスチナ、ウクライナ情勢にも警戒が必要
です。
米国株式市場も一服となっており、また、夏休みで取引も
減ってきます。急落を警戒したい場面です。
インドネシアは新政権に注目、中国では食品問題がまた出
ています。
今週も日本株の逆張りの短期売買に徹したいと思います。

中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・逆張りの短期売買。
その他・・・特になし。
posted by hma at 12:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

週報(2014.7.7〜2014.7.18)

先週は書けなかったため2週間分書きます。
この2週間は経済指標等で目新しい材料はありませんで
したが、ウクライナ、イスラエルで地政学的リスクが顕在
化しました。
米国市場は2週間で32ドル高の17100ドルと高値圏
を維持しています。
日本市場も2週間で222円安の15215円と反落しました。
中国市場はハンセン指数で23454ポイント、H株指数は
10441ポイントと小動きでした。
タイ市場はSET指数で1533ポイントと続伸しました。
ベトナム市場はVN指数で596ポイントと続伸しました。
インドネシア市場はジャカルタ総合指数で5087ポイント
と続伸しました。
為替は円高となり、ドル円は101.3円、ユーロ円は
137.0円となりました。
原油先物は102.8ドルと小幅続落、金は1310ドルと
小幅反落でした。

足2週間の持ち株の状況
中国株・・・ほぼ変わらずでした。
タイ株・・・APが上昇しました。
ベトナム株・・・FPT、VCGが上昇しました。
インドネシア株・・・全般的に上昇しました。

足2週間の活動
中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・インベスコ・オフィス・ジェイリート、みずほ銀行、
ヤフー、アキュセラを売買。
その他・・・特になし。

ぴかぴか(新しい)今週の活動予定
今週は特に注目の経済指標はありませんが、日米企業の
決算発表が相次ぎます。
ただ、注目はウクライナ情勢とイスラエル情勢です。これ
以上悪化しないという楽観的な見方が大勢ですが、これら
が悪化するようなことがあると株式市場は高値圏にある
ことから急落の可能性もあります。また同時に為替も円高
に進む可能性もあります。
これから夏休みに近づくにつれ、出来高が少なくなるのは
毎年ですが、同時に急落することもあります。
これらに備えておきたいと思います。
ただし、日本株の個別銘柄は安いもの見当たり、急落場面
では積極的に買い、上昇局面では利益確定していきたいと
思います。
ASEAN株は相変わらず好調で、動く予定はありません。
中国株も落ち着いて見ていられます。

中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・逆張りの短期売買。
その他・・・特になし。
posted by hma at 13:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

地政学的リスク

このところ、きな臭い感じになってきました。
イスラエルではガザ地区への地上部隊投入、ウクライナでは
マレーシア航空機墜落するなど怪しい動きとなっています。
市場では早期解決ととらえられているようですが、本当に
そうでしょうか。
前者は特に根深い問題で、そう簡単には行かないと思います。
夏休みにかけて、大きく売られることも想定しておく必要が
ありそうです。
posted by hma at 14:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

インドネシア大統領選挙

9日に投票のインドネシア大統領選挙は改革はのウィドド氏
を元軍人のプラボウォ氏が追う展開です。ウィドド氏が勝て
ば、改革期待から株高、ウィドド氏が勝てば改革が進まず
株安と予想されています。ウィドド氏優勢のようですが、
どうなるでしょうか。
しかし、インドのモディ首相のような上昇にはならないと
思いますが。
posted by hma at 18:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

4強

ワールドカップも4強が出そろいました。ブラジル、ドイツ、
アルゼンチン、オランダ。名前だけ見ると順当な4強です。
一次リーグでは、番狂わせもありましたが、結局おなじみの
国です。
今大会はGKと各国のエースの活躍が目立つ大会です。
しかし、ネイマールの怪我はとても残念です。
posted by hma at 05:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

週報(2014.6.30〜2014.7.4)

先週は木曜日に発表の米国雇用統計が予想以上の内容と
なり、ドルが上昇しました。しかし上値も重い状況です。
株式市場は雇用統計待ちで、特段悪材料もなく、総じて
上昇しました。
米国市場は週間で217ドル高の17068ドルと反発し、
史上最高値を更新しました。
日本市場も週間で342円高の15437円と反発しました。
中国市場はハンセン指数で23546ポイント、H株指数は
10489ポイントと上昇しました。
タイ市場はSET指数で1495ポイントと続伸しました。
ベトナム市場はVN指数で589ポイントと続伸しました。
インドネシア市場はジャカルタ総合指数で4905ポイント
と反発しました。
為替は円安となり、ドル円は102.0円、ユーロ円は
138.7円となりました。
原油先物は103.7ドルと続落、金は1319ドルと
変わらずでした。

足先週の持ち株の状況
中国株・・・ほぼ変わらずでした。
タイ株・・・ほぼ変わらずでした。
ベトナム株・・・全般的に堅調でした。
インドネシア株・・・ほぼ変わらずでした。

足先週の活動
中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・インベスコ・オフィス・ジェイリート、みずほ銀行
を購入。
その他・・・特になし。

ひらめき今週の活動予定
今週の注目はFOMCの議事要旨の公表です。先週の良好
な雇用統計を受けて勧誘政策に変更があるかどうかです。
ただ、おそらく大きな変更はなく、ドル高も進まないと
みます。
株式市場は高値警戒感が明らかにあり、重い展開となり
そうです。
その他、注目はインドネシア大統領選挙です。結果により
インドネシア株はどちらの候補が勝つかで反対の動きに
なりそうです。
先週は、テナントの変更と配当金の修正から売られたイン
ベスコ・オフィス・ジェイリートを多めに買いました。
一段と下がれば買い増したいです。

中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・インベスコが下がれば買い増し。
その他・・・特になし。
posted by hma at 12:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

週報(2014.6.23〜2014.6.27)

先週は特に材料がない中、米国の金融緩和の継続が確認
され為替はドル安となりました。株式市場は高値警戒感
から下落しましたが、一気に下落するという展開にもな
っていません。
米国市場は週間で96ドル安の16851ドルと反落しま
したが、高値圏で推移しています。
日本市場も週間で254円安の15095円と反落しました。
中国市場はハンセン指数で23221ポイント、H株指数は
10307ポイントと小動きでした。
タイ市場はSET指数で1483ポイントと続伸しました。
ベトナム市場はVN指数で578ポイントと上昇しました。
インドネシア市場はジャカルタ総合指数で4845ポイント
と小幅下落しました。
為替は円高となり、ドル円は101.4円、ユーロ円は
138.4円となりました。
原油先物は105.7ドルと反落、金は1319ドルと
小幅続伸しました。

足先週の持ち株の状況
中国株・・・ほぼ変わらずでした。
タイ株・・・APが上昇しました。
ベトナム株・・・ほぼ変わらずでした。。
インドネシア株・・・全般的に軟調でした。

足先週の活動
中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・特になし。
その他・・・特になし。

ひらめき今週の活動予定
今週の注目は週末の米雇用統計です。このところの円高
ドル安に歯止めがかかるかが最大の焦点です。
先週の日本政府の発表した新成長戦略は材料出尽くしで
高値警戒感も相まって、今週も上値が重い展開となりそ
うです。
新興国については資金が戻りつつあるという観測も出て
います。動きにくい位置であり様子見ですが、夏から秋
にかけて下落する場面で購入できるようにウオッチした
いと思います。休むも相場なりです。

中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・特になし。
その他・・・特になし。
posted by hma at 11:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

2014年6月末の損益

あと1日ありますが、6月末の損益です。
6月は地政学的リスクなどもありながら、比較的堅調
な展開となりました。
為替は米国の金融緩和継続の見通しからドルが下落
し、新興国通貨は小幅円高となりました。

<2014.6.28>
中国株A口座→1177ポイント(+0.8%)
中国株B口座→1152ポイント(−2.5%)
中国株合計 →2329ポイント(−0.9%)

ベトナム株 →1615ポイント(+0.9%)

インドネシア株A口座→492ポイント(−6.6%)
インドネシア株B口座→514ポイント(−3.0%)
インドネシア株合計 →1006ポイント(−4.8%)

ハンセン指数→23221ポイント(+0.6%)
中国H株指数→10307ポイント(+0.6%)
VN指数  →  578ポイント(+2.8%)
ジャカルタ総合 → 4845ポイント(−1.0%)
香港ドル  →13.08円(−0.3%)
ベトナムドン→ 4.52円(−0.9%)
100インドネシアルピア→0.860円(−3.7%)

今月は中国株、インドネシア株が下げ、ベトナム株
が小幅上昇となりました。
しかし、いずれも指数に負けています。配当も入り
つつあり、来月は少し動いてみたいと思います。
posted by hma at 10:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 月末の損益 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。