2009年12月31日

2009年末でのポートフォリオ(2)

来年に向けて、今年ウェートを下げたタイ株と日本株も振り返ります。
現在、タイ株はCPF、TUFの食品株、SPALI、CKの不動産・建設株を
持っています。上昇したところでCKを売却し、3銘柄を中期保有したいと思い
ます。タイは環境問題と国王の健康問題と政治およびカンボジア問題があり、大
きく下がる可能性もあります。しかし、景気回復を先どりする形で株価が上昇し
ました。これらの問題が片付き、大きく下げる場面があれば参加しようと思います。
日本株は現在、みずほ銀行や奥さん保有のファンケル、自社株の持ち株会で個別
株を持っています。あとはファンドでダブルベアファンドやREITファンド、
債権のファンドを持っています。1月末から3月にかけて、大きく下げる場面が
来ると思いますので、そこでダブルベアファンドの利益を確定し、少しづつダブ
ルブルファンドを買い下がっていこうと思います。日本株については個別株は来
年も買わないつもりです。
posted by hma at 11:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

2009年末でのポートフォリオ(1)

今日、明日で2009年の取引は終わりますが、2009年末でのポートフォリ
オを点検しました。
総投資額を時価で見ると、中国株45%、日本株18%、ベトナム株17%、
タイ株9%、現金11%となっています。現金は大半はベトナム株を買うために
とってあります。但し、日本株には債権やREITのファンドも含まれています。
内訳を見ると、中国株の大半はインフラ系(建設、鉄道、電力)と金山軟件、銀行、
不動産となっており消費系がないのが気になります。
ベトナム株は、不動産と金融(銀行、保険)となっており、こちらも消費系があり
ません。
来年の景気がどうなるかはわかりませんが、注目の中国とベトナムは景気がどう
なっても、食品や消費財など消費系は強いと思いますので、2010年は消費系
を買っていきたいと思います。中国株ならカンシーフや恒安国際、ベトナム株な
らビナミルクやマッサングループといった王道銘柄でしょうか。
posted by hma at 10:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする