2014年12月07日

週報(2014.12.1〜2014.12.5)

先週は日本国債の格下げの発表があり、円安が進んだところ
に週末の米雇用統計の予想市場の好結果があり、一段と円安
となりました。また、原油価格は安値圏の動きとなり、さら
に上海市場は連日の暴騰となりました。これを受けて日本株
は堅調な動きとなっております。
米国市場は週間で130ドル高の17958ドルと7週連続
の上昇となりました。
日本市場は週間で461円高の1920円と続伸しました。
中国市場はハンセン指数で24002ポイント、H株指数は
11600ポイントと小幅続伸しました。
タイ市場はSET指数で1597ポイントと続伸しました。
ベトナム市場はVN指数で578ポイントと反発しました。
インドネシア市場はジャカルタ総合指数で5187ポイントと
続伸しました。
為替は円安が加速しドル円は121.4円、ユーロ円は149.1円
となりました。
原油先物は65.6ドルと小幅続落、金は1189ドルと反発しました。

足先週の持ち株の状況
中国株・・・小動きでした。
タイ株・・・TUFが上昇しました。
ベトナム株・・・小動きでした。
インドネシア株・・・小動きでした。

足先週の活動
中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・インベスコ・オフィス・リート、上海ETFを売却
その他・・・特になし。

ひらめき今週の活動予定
今週は米雇用統計も無事通過して注目のイベントは日本の
衆議院選挙です。円安、米国株高、資源安と日本株にとっ
てはこれ以上ない良い状態であるため、選挙前に利益確定
の動きとなりそうです。
米国では小売り関連の指標が発表されます。こちらも高値圏
であることから数字によっては色々な評価から売られてもお
かしくありません。
今年も残り1ヶ月を切りましたが、上がりすぎのような気
もしますので、日本株のベアETF、原油などの商品系ETF
などの買いを検討してみたいです。

中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・日本株ベアETF、商品ETF等検討。
その他・・・特になし。
posted by hma at 17:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

週報(2014.11.24〜2014.11.28)

先週はOPECで原油生産の維持が決定され原油価格は一段と
下落しました。これに伴いエネルギー関連銘柄は下落し、恩恵
を被る銘柄、国は上昇しました。
また、週末には中国で金融安定化、預金保護に向けた預金保険
の導入が決定がされました。
米国市場は週間で18ドル高の17828ドルと6週連続の上昇
となりました。
日本市場は週間で102円高の17459円と反発しました。
中国市場は利下げを好感し、ハンセン指数で23987ポイント、
H株指数は11145ポイントと反発しました。
タイ市場はSET指数で1593ポイントと続伸しました。
ベトナム市場はVN指数で566ポイントと続落しました。
インドネシア市場はジャカルタ総合指数で5149ポイントと
続伸しました。
為替は円安が継続し、ドル円は117.8円、ユーロ円は145.9円
となりました。
原油先物は65.9ドルと反落、金も1167ドルと反落しました。

足先週の持ち株の状況
中国株・・・小動きでした。
タイ株・・・TUFが上昇しました。
ベトナム株・・・全般的に軟調でした。。
インドネシア株・・・小動きでした。

足先週の活動
中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・みずほ銀行、オークファンを売買。
その他・・・特になし。

ひらめき今週の活動予定
今週の注目は米雇用統計です。またISM製造業景況感
指数も発表されます。これらの指標から米国の利上げ時期
を探ることになりますが、評価によって為替に影響が出
そうです。
また商品市場の下落が気になります。タイやベトナムでは
エネルギー関連銘柄が指数の構成で大きなポジションをし
めており、これらにつられて下落する懸念があります。
逆にこれを利用して本当は影響のない銘柄を狙いたいです。
日本株は相変わらず円安、選挙を意識して堅調な展開を予
想します。あくまでも短期の逆張りに徹したいと思います。

中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・短期売買。
その他・・・特になし。
posted by hma at 09:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

週報(2014.11.17〜2014.11.21)

先週は日本ではGDPが発表され、消費税引き上げの延期と衆
議院解散がありました。また、中国では利下げが行われ、欧州
も金融緩和が示唆されました。
米国市場は週間で176ドル高の17810ドルと5週連続の上昇
となりました。
日本市場は週間で133円安の17357円と反落しました。
中国市場はハンセン指数で23437ポイント、H株指数は
10447ポイントと反落しました。
タイ市場はSET指数で1579ポイントと小幅反発しました。
ベトナム市場はVN指数で588ポイントと続落しました。
インドネシア市場はジャカルタ総合指数で5112ポイントと
続伸しました。
為替は円安が継続し、ドル円は117.8円、ユーロ円は145.9円
となりました。
原油先物は76.7ドルと反発、金は1200ドルと続伸しました。

足先週の持ち株の状況
中国株・・・全般的に軟調でした。
タイ株・・・TUFが上昇しました。
ベトナム株・・・全般的に軟調でした。。
インドネシア株・・・小動きでした。

足先週の活動
中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・みずほ銀行を売買、オークファンを購入。
その他・・・特になし。

ひらめき今週の活動予定
今週は特段のイベントはありませんが、感謝祭後の小売り動向
に注目が集まります。
また。OPECの総会での減産にも注目です。
全般的には円安の流れが継続すると予想しますが、円安に対す
る国内外の要人の発言で円高になる可能性もあります。
12月にかけて日本ではIPOが目白押しです。年始は新興市
場の株価が上昇する傾向があるので注目してみたいです。
新興国株については大きな動きもなく様子見です。

中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・特になし。
その他・・・特になし。
posted by hma at 14:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

週報(2014.11.10〜2014.11.14)

先週も引き続き、円安株高の流れが続きました。週初のAPEC、
週末のG20とも円安批判も特にありませんでした。
米国市場は週間で61ドル高の17634ドルと4種連続の続伸
となりました。
日本市場は週間で610円高の17490円と続伸しました。
中国市場はハンセン指数で24087ポイント、H株指数は
10761ポイントと反発しました。
タイ市場はSET指数で1575ポイントと小幅続落しました。
ベトナム市場はVN指数で600ポイントと小幅反落しました。
インドネシア市場はジャカルタ総合指数で5049ポイントと
反発しました。
為替は円安が加速し、ドル円は116.3円、ユーロ円は145.6円
となりました。
原油先物は75.9ドルと続落、金は1187ドルと反発しました。

足先週の持ち株の状況
中国株・・・全般的に好調でした。
タイ株・・・ほぼ変わらずでした。
ベトナム株・・・小動きでした。
インドネシア株・・・全般的に好調でした。

足先週の活動
中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・ヤフーを売却、インベスコなどを売買。
その他・・・特になし。

ひらめき今週の活動予定
今週はFOMCの議事録が公表されるほか、日本のGDPの
速報値が発表されます。すでに消費税の先送りは織り込まれ
ています。
すでに日本株は25日移動平均線の10%上にあり、米国株
も高値警戒感が出ています。今週は調整があってもおかしく
ありません。
当然、高値で買うつもりはなく、利益確定に徹したいと思い
ます。但し持ち玉も少なくなってきており、仕込むために
下落してほしい気持ちもあります。しかし、こういう時は
あまり下落しないのでしょう。

中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・下落場面で購入。
その他・・・特になし。
posted by hma at 11:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

週報(2014.11.3〜2014.11.7)

先週も引き続き黒田バズーカー砲の効果が継続し、円安・株高
の流れが継続しました。週末の米雇用統計は良好な数字であっ
たものの若干市場予想を下回り、また週末ということもあり、
少しドル安となりました。
米国市場は週間で183ドル高の17573ドルと続伸しました。
日本市場は週間で467円高の16880円と続伸しました。
中国市場はハンセン指数で23550ポイント、H株指数は
10539ポイントと反落しました。
タイ市場はSET指数で1578ポイントと小幅反落しました。
ベトナム市場はVN指数で602ポイントと小幅続伸しました。
インドネシア市場はジャカルタ総合指数で4987ポイントと
反落しました。
為替は円安が加速し、ドル円は114.6円、ユーロ円は142.7円
となりました。
原油先物は78.4ドルと続落、金も1169ドルと続落しました。

足先週の持ち株の状況
中国株・・・全般的に軟調でした。
タイ株・・・TUFが上昇、CPFが下落しました。
ベトナム株・・・小動きでした。
インドネシア株・・・全般的に軟調でした。

足先週の活動
中国株・・・招金砿業を買い増し。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・みずほ銀行、ヤフー、インベスコなどを売買。
その他・・・特になし。

ひらめき今週の活動予定
今週は利益確定の動きとなりそうです。先週末の米雇用統計
は市場予想を下回り、いったん円高、株安の方向にポジショ
ン調整となりそうです。
週末にはブリスベンでG20首脳会議があり、黒田バズーカ砲
への批判も出そうです。
先週までに日本株は利益確定し、キャッシュポジションとな
っているので下落は歓迎です。ただし、待っていると来ない
のでしょう。
インドネシア株は銘柄によっては買いたい水準になっています。
様子を見てねらっていきたいと思います。

中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・様子見。
日本株・・・下落場面で購入。
その他・・・特になし。
posted by hma at 13:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。