2008年05月17日

バムルンラード病院(BH)

業種:ヘルスケアサービス
株価:35.0バーツ(2008/05/16現在)
PER:15.73
PBR:5.61
配当利回り:2.29%
時価総額:803億円

1975年創業のアジア最大の病院チェーン。同病院の患者は基本的に公的保険制度を使
わない患者で、海外からの患者数は全体の45%を占めています。また同病院は1996年
より積極策に乗り出し、タイ国内では病院規模を2倍にすべく設備投資を活発にし、
またドバイを中心に海外拠点を建設中です。
患者にとって国際水準の医療を安くうけられるのがメリットですが、この病院では経営
と医療現場の役割分離を徹底しており、医者は患者からのクレームなどの接触をあ
る程度切り離し医療に専念させています。これにより給与水準を低く抑えても医者の
移籍率が低いようです。また、病院経営も欧米型でCEOも米国人だそうです。

ひらめきhmaメモ
相場復調期ではディフェンシブであるため売られていますが最近少し戻してきています。
高値ではPER30倍とタイ株としても割高でもありましたが好業績と最近の下落でPER15倍
を割り込んだ時期もあり、さすがに割安となってきました。
ここ数年、増収増益、増配となっており、また今後も成長していくことから業績面で
の不安はありません。食品株の時にも書きましたがタイが世界に誇るグローバル企業
は食品と病院であろうと私は思っています。
安定成長であることから株価が急に上がるかどうかはわかりませんが、長期で成長を
見守りたいと思います。できれば32バーツ前後で買いたいと思います。


posted by hma at 09:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | タイ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

タイ・ユニオン・フローズン(TUF)

業種:食品、飲料
株価:19.0バーツ(2008/05/10現在)
PER:9.16
PBR:1.28
配当利回り:5.84%
時価総額:528億円

1988年設立の冷凍海産物、缶詰の製造を主な業務とするツナ缶生産
で世界一の水産加工品メーカー。
アメリカでは「チキン・オブ・ザ・シー」のブランドで3位、タイ国内
シェアは80%となっています。ウォルマート、ネスレが取引先であり、
日本では三菱商事、はごろもフーズとパートナーを組んでいます。
売上の90%が輸出となっており、今後、インド、中国が大きなマー
ケットとして期待されています。但し、あくまでも事業の中心は
シーフードビジネスで不得意なビジネスによる事業拡大は考えてい
ないようです。
また効率より品質を重視した衛生管理を徹底しています。

ひらめきhmaメモ
私は20.3バーツで購入しています。と言ってもこの銘柄は私で
はなく、奥さんがほしいといって買いました。私はCPFのほうが
良いと言ったのですが、女性の視点でTUFの方が良いとのことで
した。どうなのでしょうか。
CPFのメモでも書きましたが食品関係はグローバル企業として期
待できる他(事実会社はすでにそうですが)、シーフードビジネス
は今後ますます伸びて行くと思います。
購入してから底値19バーツでほとんど動きがありません。アナリス
ト平均のターゲット価格は26バーツであり、PER、PBR、配当利回り
からも下値はそれほどないと思いますが、当面はホールドし様子見
としたいです。


posted by hma at 09:51| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

チャルン・ポーカパン・フーズ(CPF)

業種:アグリビジネス
株価:4.72バーツ(2008/05/10現在)
PER:27.28
PBR:0.81
配当利回り:1.8%
時価総額:1122億円

タイ最大の財閥であるCPグループの中核企業として1978年設立。
食品業界の最大手。主に鳥・豚などの食肉やエビ、魚といった水
産品、卵を扱っており生産から加工まで一貫して行います。早く
からEUの審査基準に合わせた安全性の高い食品づくりを行い、焼
き鳥・エビなど日本にも輸出しています。また、血抜きなどを下処
理をイスラムの教義にもとづいて行い、イスラム圏の人々への対応
もしているとのことです。
近年は鳥インフルエンザやバーツ高で業績が低迷していましたが、
2008年以降は好業績が見込まれ、現時点の株価でPER12.5倍、配当
利回り4%になると予想されています。

ひらめきhmaメモ
私は4.32バーツで購入しています。ここ2年の業績の低迷で
低PBRに甘んじていますが、底値圏であると思っています。
日本企業では自動車、電機などがグローバル企業として活躍して
いますが、タイでは食品会社がグローバル企業として最も期待でき
ると思っています。
中国製食品問題が追い風になることは言うまでもなく、世界中の健
康ブームにのって今後ますます水産物に脚光が浴びるのではないか
と期待しています。アナリストのターゲット価格は5.6バーツです。
買ってからほとんど下がらず、じりじり上がっていますが、長期で
の保有はもちろん、下がれば買い増ししたいと思っています。


posted by hma at 09:21| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | タイ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

スパライ(SPALI)

業種:建設、不動産
株価:3.82バーツ(2008/05/2現在)
PER:7.31
PBR:1.32
配当利回り:6.4%
時価総額:199億円

1989年に設立された分譲不動産の有力企業であり、不動産販売だけ
でなくオフィス経営やホテル運営もおこなっています。高級とまで
はいかないが中級物件でデザイン性の高い物件を得意にしている
ようです。現在、スワンナプーム国際空港周辺や鉄道路線延長計画
に沿って、沿線物件を開発しており、2008年、2009年と業績は非常
に好調です。

ひらめきhmaメモ
私は3.48バーツで購入しています。増収増益が続いている中で
これだけの低PER、低PBR、高配当利回りは、かなり割安だと思い
ます。買ってからほとんど下がらず、じりじり上がっていますが、
他の不動産株と比べれば地味な動きです。
何か理由があるのでしょうか。
長期での保有はもちろん、下がれば買い増ししたいと思っています。


ラベル:スパライ タイ株
posted by hma at 04:21| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

サイアム・セメント(SCC)

業種:建築資材
株価:208バーツ(2008/04/25現在)
PER:8.22
PBR:2.90
配当利回り:7.21%
時価総額:8012億円

1913年に王室から誕生したタイ最大のセメント製造会社であり、
セメント事業、建材資材事業、石油化学事業、製紙パルプなどの
複合会社です。従業員は25000人で時価総額もタイで3位の東証
一部上場の製造業に匹敵する巨大会社です。
メガ・プロジェクトによる業績の拡大が期待されていますが、
現在は東南アジア各国での石油化学事業・製紙パルプ事業の投資
を拡大させています。
またタイでの日本企業(新日鉄・JFE)の高炉建設の現地パート
ナー企業としても噂されているようです。
但し公害ばら撒き型の会社のようで生コン車が通った後などはす
ごいようです。(相互リンクをはっていただきタイにロングステ
イされているラタナさんから教えていただいた情報です)

ひらめきhmaメモ
私は214バーツで購入しています。これだけの規模の会社が配
当利回り7%、PER10倍以下とかなり割安でほぼ底値圏では
ないかと思います。
しかし業績は当面横ばいであり、ラタナさんの情報にあるように
公害に無頓着なのも気になります。
メガプロジェクトでの事業拡大、東南アジア投資での業績拡大、
高炉建設関連等により長期で成長を期待したいです。また、長期
投資にたえられる配当利回りも魅力です。


posted by hma at 08:22| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。