2015年03月15日

週報(2015.3.9〜2015.3.13)

先週は良好な米雇用統計による米の早期利上げの懸念から株式
市場は軟調となり、為替はドル高となっています。しかし、
日本市場は賃金アップ、良好な機械受注などから異常なくらい
に強いです。
米国市場は週間で107ドル安の17749ドルと続落しました。
日本市場は週間で283円高の19254円と続伸しました。
中国市場はハンセン指数で23823ポイント、H株指数は
11712ポイントとまちまちでした。
タイ市場はSET指数で1541ポイントと続落しました。
ベトナム市場はVN指数で586ポイントと反落しました。
インドネシア市場はジャカルタ総合指数で54264ポイントと
反落しました。
為替はドル高となり、ドル円は121.4円、ユーロ円は
127.3円となりました。
原油先物は45.0ドルと反落、金は1152ドルと続落しました。

足先週の持ち株の状況
中国株・・・小動きでした
タイ株・・・軟調でした。
ベトナム株・・・ほぼ変わらずでした。
インドネシア株・・・ほぼ変わらずでした。

足先週の活動
中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・日経ダブルインバースETFを売買。
その他・・・特になし。

ひらめき今週の活動予定
先週の注目はFOMCと日銀の金融政策決定会合です。
FOMCでは「忍耐強く」の文言が削除され利上げに
一歩近づき、日銀では特に変更がないと予想されてい
ます。しかし予想外な展開になれば円高にも円安にも
なりますが、概ね材料出尽くしで円高、株安になるの
ではないかと予想します。財政が不安定な新興国では
通貨が売られています。
米利上げは健全な状態への過程であることから、新興
国で通貨安、株安となれば、長期的に見て仕込み場と
考えます。

中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・短期売買。
その他・・・特になし。
posted by hma at 13:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415649191

この記事へのトラックバック