2015年01月25日

週報(2015.1.19〜2015.1.23)

先週はECBの大幅な量的緩和からユーロ安となりま
した。次いで周辺国も利下げの実施しドル高、円高の
流れとなっています。
金融緩和から総じて株式市場は上昇しています。
米国市場は週間で151ドル高の17672ドルと反発しました。
日本市場も週間で647円高の17511円と反発しました。
中国市場はハンセン指数で24850ポイント、H株指数は
12260ポイントと上昇しました。
タイ市場はSET指数で1598ポイントと続伸しました。
ベトナム市場はVN指数で582ポイントと続伸しました。
インドネシア市場はジャカルタ総合指数で5323ポイントと
史上最高値更新しました。
為替はユーロ安となり、ドル円は117.7円、ユーロ円は
132.0円となりました。
原油先物は45.2ドルと反落、金は1298ドルと続伸しました。

足先週の持ち株の状況
中国株・・・招金砿業、テンセントが上昇、中国旺旺が下落しました。
タイ株・・・CPFが下落しました。
ベトナム株・・・全般的に上昇しました。
インドネシア株・・・全般的に上昇しました。

足先週の活動
中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・資生堂、みずほ、ヤフー、横河電機、双日などを売買。
その他・・・特になし。

ひらめき今週の活動予定
各国の金融政策と原油安に引き続き引き注目が集まります。
今週の関心はギリシャ選挙の行方、米GDP、FOMCです。
ギリシャのユーロ離脱はないと見られていますが、極左政党が
第1党となれば欧州も混乱し、もう一段円高になる可能性もあり
ます。逆に米国経済が強く利上げ時期が予定通りであれば円安
となりそうです。
いずれにしても注意が必要です。新興国株は金融緩和を好感し
好調です。日本市場の新興株は軟調です。
当面一進一退の展開が続きそうで日本株は短期売買、新興国は
様子見をしていこうと思います。

中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・短期売買。
その他・・・特になし。
posted by hma at 12:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412927234

この記事へのトラックバック