2015年01月11日

週報(2015.1.5〜2015.1.9)

先週はギリシャ問題に端を発した欧州問題と相変わらずの
原油安が相場の足を引っ張りました。
週末の米雇用統計も良好な数字であったものの賃金の下落
が見られ、改めてインフレ期待が薄れていることから利上
げ時期も微妙となっています。
米国市場は週間で95ドル安の17737ドルと続落しました。
日本市場も週間で253円安の17197円と続落しました。
中国市場はハンセン指数で23919ポイント、H株指数は
12081ポイントとまちまちでした。
タイ市場はSET指数で1529ポイントと反発しました。
ベトナム市場はVN指数で569ポイントと続伸しました。
インドネシア市場はジャカルタ総合指数で5216ポイントと
反落しました。
為替はリスク回避の円安となり、ドル円は118.5円、ユーロ円は
140.2円となりました。
原油先物は48.2ドルと続落、金は1219ドルと反発しました。

足先週の持ち株の状況
中国株・・・テンセントが上昇しました。
タイ株・・・ほぼ変わらずでした。
ベトナム株・・・全般的に堅調でした。
インドネシア株・・・ほぼ変わらずでした。

足先週の活動
中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・アキュセラ、資生堂、みずほ、ヤフーを売買。
その他・・・ロシア株4銘柄購入。

ひらめき今週の活動予定
今週も引き続きギリシャ問題と原油安が相場の波乱となりそ
うです。世界的に超低金利、低インフレとなっています。
今週のイベントは米小売り関係の統計くらいですが、欧米の
金融政策の思惑に振り回されそうです。
先週はロシア株4銘柄購入しました。年始から上昇し予定より
高くなりましたがまずは打診買いということで。
今週も値動きが荒くなりそうなので日本株の逆張り短期売買
に徹しようと思います。

中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・逆張り、短期売買。
その他・・・特になし。
posted by hma at 10:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412153986

この記事へのトラックバック