2014年09月07日

週報(2014.9.1〜2014.9.5)

先週はウクライナ問題の落ち着き、予想外のECBの利下げ
があり、円安が進み、株価も堅調でした。週末発表の米雇用
統計は市場予想を大きく下回りましたが、市場の反応は限定
的でした。
米国市場は週間で39ドル高の17137ドルと続伸しました。
日本市場は週間で244円高の15668円と反発しました。
中国市場はハンセン指数で25240ポイント、H株指数は
11368ポイントと反発しました。
タイ市場はSET指数で1584ポイントと続伸しました。
ベトナム市場もVN指数で638ポイントと続伸しました。
インドネシア市場はジャカルタ総合指数で5217ポイントと
反発しました。
為替はドル高が進み、ドル円は105.0円、ユーロ円は136.1円
となりました。
原油先物は93.4ドルと反落、金も1268ドルと反落しました。

足先週の持ち株の状況
中国株・・・全般的に堅調でした。
タイ株・・・全般的に堅調でした。
ベトナム株・・・全般的に堅調でした。
インドネシア株・・・ほぼ変わらずでした。

足先週の活動
中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・ヤフーを売買。
その他・・・特になし。

ひらめき今週の活動予定
先週末の雇用統計は市場予想を下回りました。しかし、為替も
落ち着き、米株式市場も上昇しました。
今週は米小売関連の指標の発表があるものの大きなイベントは
ありません。今週も小動きを予想します。
但し、高値圏にあるためいくぶん売り圧力が強いと思われます。
日本株は9月末の配当権利取りが意識されてくる時期ですが、
例年この2週間は売られることが多いため慎重にいきたいと思
います。
新興国株は堅調でこの調子でいってもらいたいです。

中国株・・・特になし。
タイ株・・・特になし。
ベトナム株・・・特になし。
インドネシア株・・・特になし。
日本株・・・逆張りの短期売買。
その他・・・特になし。
posted by hma at 11:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405008527

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。