2014年05月10日

需給ギャップ

先進国中心に景気回復しているように見え、株価は堅調
に上昇していますが、先進国経済の潜在的な供給量に
対して、実際の需要が依然として1.1兆ドル規模で
足りないことがIMFの調査で判明しました。
最も不足しているのは米国で6000億ドル、日本は
685億ドルの不足、欧州も南欧を中心に不足してい
ます。このため金融緩和が当面必要とのことです。
新興国は色々な問題もありますが、経済発展が期待で
きる以上、やはり投資先は新興国となりそうです。
【関連する記事】
posted by hma at 17:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396719404

この記事へのトラックバック