2014年05月09日

ベトナム株急落

ベトナム船と中国船の南シナ海での衝突により、中越
対立が緊迫化していることを嫌気されベトナム株が
急落しました。5.87%の急落は2008年以来の
大幅な下げです。
本日はさすがに上昇していますが、年初から時間を
かけて上昇していた分が帳消しになった格好です。
こんな時は逆に買いなのでしょうが、残念な気分です。
【関連する記事】
posted by hma at 19:34| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
<東南アジア株式市場サマリー 5月9日> 

マニラ市場が11カ月ぶりの高値に上昇した。米 格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)による予想外のフィリピン格付け引き上げを市場がはやした。

一方、バンコク市場は今週、週間ベースで19週間ぶりの大幅下落となった。政治のこう着状態が地合いを損ねた。

マニラ市場の主要株価指数PSEi は1.21%高の6847.26。今週を通じては1.6%高で、7週連続の上昇となる。
同市場の年初来の上昇率は現地通貨建て換算で14.8%と、アジアではトップ。

S&Pは8日、フィリピンの信用格付けを1段階引き上げた。現政権以降も改革路線が続く公算が大きいとしている。
Posted by TOMSON at 2014年05月10日 10:52
TOMSONさん
こんにちは。
確かにフィリピンは調子良いですね。
私は保有していませんが、勉強して
いずれ狙ってみたいと思います。
Posted by hma at 2014年05月10日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396647213

この記事へのトラックバック