2008年09月20日

メジャー・シネプレックス・グループ(MAJOR)

業種:メディア、広告
株価:10.2バーツ(2008/09/12現在)
PER:11.94
PBR:1.60
配当利回り:10.25%
時価総額:268億円

1992年設立されたシネマコンプレックスやボーリング場のチェーン最大手。もともとシェ
アは50%とトップであったが2004年に第2位の企業を買収し市場シェアは75〜80%
と一気に上昇した。また2006年にはマックタイを米マクドナルドから買収した。
タイ人は映画好きで「ムービーゴーイング・カルチャー」があり、映画館に行って楽しむ
というのが娯楽となっており、そのため終日楽しめるように飲食やボウリング場、カラオ
ケが併設されている。
2008年上期はタイ北部のペッチャブーン、バンコク近郊のアユタヤ、サラヤーにシネコ
ンをオープンした。またインドへの事業展開も始めており、今年ボウリング場をオープン
する予定。

ひらめきhmaメモ
市民の生活水準が上がっていくタイにおいて安定的に業績が上がっていきそうな銘柄
で以前より狙っていました。しかしインフレや海外の景気にも影響を受けないだけあり、
株価は下がりませんでした。しかし、さすがにここにきて政情不安やデモの影響、そし
て最近の世界的な株の下落によって上場来安値となる一瞬10バーツを割り込みまし
た。この水準ではさすがに安いと思われます。リスクとすればタイの人が豊かになるに
つれ娯楽が多様化し客足が伸び悩むことでしょうが、それも当分は大丈夫でしょうし、
またインドなどへの事業展開も始めていることから心配いらないのかもしれません。
10バーツ前後であれば銘柄入れ替えで考えてみたいです。


posted by hma at 10:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106852810

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。